アジアンエステはソフトなフィンガーサービスが基本ブログ:2015年02月23日


あたくしが幼稚園に入園した日、
忘れられない思い出がある。

新しいカバンに、新しい遊び着、新しいお道具箱…と揃った中に、
ただひとつ、母親が手作りしてくれたものがあった。
それは「ひよこの座布団」。

当時、園児は全員座布団を使用していた。
そのほとんどは集団購入したもので、
デザインはたしか、
男の子は青、女の子は赤色、
厚さが三、四センチはありそうなふかふかとしたもので、
座面には可愛らしいひよこのアップリケが施されていた。

みんなとは異なる座布団は、クラスであたくしただ一人。
色は小豆色、薄っぺらでざらざらとした手触りで、
園児が使うにしては、なんとなく違和感があった。

あたくしは母親に泣きついた。
「あたくしもみんなと同じ、かわいいひよこのついた座布団が欲しい」

母親はその座布団に
ひよこのアップリケをつけてくれたが、
それでもあたくしの気分はすぐれなかった。

あたくしの座布団はとても目立ったので、
あたくしは隠すように急いで席についた。

早く汚れて新しい座布団を買ってもらおうと、
わざと乱暴に扱った。

しかし、他のお子さんのアップリケは次々とはがれていくなか、
母親が手作りしてくれたあたくしの座布団は悲しいくらいに頑丈で、
びくともしないまま、卒園を迎えた。

少し成長して、中、高校生になり、
あたくしは家庭内の状況がわかる年頃になった。

我が家は一家の収入を母親に頼っていた時期があった。
それはどうやらあたくしが幼稚園に通っていた頃と重なるようである。

あたくしは「手作りの座布団は経済的に苦しかったからか」と納得し、
その当時も使っていた、
母親が作ってくれた
ひよこの座布団を好意的にとらえられるようになっていた。